MENU

AI画像生成に必要な『三種の神器』とは?

A girl with blue hair and eyes holds up three fingers.
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

高性能PCの選び方

kojirom「AI画像生成を始めたいけど、どんな機材を選べばいいか迷っている人向けに、必要な装備を紹介します。」

リイザ「AI画像生成では、特にNVIDIAの高性能GPUが重要ですね。それに、16GB以上のRAMと1TB以上のSSDも、高速な処理能力と大容量のデータ保存に役立ちます。」

MSIゲーミングノートPC ThinGF63の特徴

kojirom「私がおすすめするのはMSIゲーミングノートPC ThinGF63。このPCにはNVIDIAのRTX4060が搭載されていて、Intel Core i7、16GB RAM、512GB SSDのスペックも備えています。」

リイザ「このノートPCはAI画像生成に必要な高いグラフィック処理能力を提供するんです。15.6インチのFHDディスプレイは144Hzのリフレッシュレートでクリアな画像が楽しめますし、軽量で持ち運びやすいのも魅力的です。」

kojirom「RTX3000シリーズと4000シリーズの違いは、主に生成スピード。多くの画像を素早く作りたいなら、RTX4000シリーズがおすすめだよ。」

リイザ「RTX4000シリーズは多くのコアと高いメモリバンド幅を持っていて、効率的な画像生成が可能です。イラスト集など、素早い画像生成が求められる場合に最適ですね。」

AI画像生成に最適な外付けSSD:大容量ストレージの必要性

kojirom「PCを手に入れて画像生成を始めると、すぐに必要になるのが大容量ストレージだ。」

リイザ「外付けSSDはAI画像生成に欠かせませんね。kojiromさんが選んだバッファローのSSDは2.0TBの大容量で、USB3.2 Gen2の高速転送を備えています。これにより、大量の画像データや重要なファイルを素早く安全に保存・転送できます。また、PS5やPS4などの幅広いデバイスとも互換性がありますね。」

kojirom「Stable-Diffusionで画像生成する場合、”モデル”が必須。これは画家のようなもので、数十個、場合によっては数百個欲しいんだ。これらのモデルは一つにつき最低2GB、大きなものでは10GB以上もある。だから外付けSSDが重要になるわけだ。私は毎日画像を生成し、250個以上のモデルを保存してるけど、このUSBの半分も使っていないんだ。」

リイザ「そうですね。Stable-Diffusionのモデルは独自の特徴を持ち、データサイズも大きいです。kojiromさんが言うように、これらを保存するためには大容量のストレージが必要です。バッファローの2.0TB SSDは、特にAI画像生成を本格的に行うユーザーにとって、理想的な選択肢ですね。」

AI画像生成のためのPC冷却対策:ノートパソコンクーラースタンドの重要性

kojirom「画像生成に必要な三種の神器、最後に紹介するのはこのクーラースタンドだ。」

ノートパソコンクーラースタンド [~15.6インチ /USB-A接続] ヒートシンク+冷却ファン2個搭載 agreen LZ20DC-GM コンピューケースジャパン|COMPUCASE JAPAN 通販 | ビックカメラ.com

リイザ「AI画像生成は長時間にわたる作業が多いので、PCの冷却は重要です。特に高性能なPCは熱を発生しやすいため、このようなクーラースタンドが役立ちます。」

kojirom「高性能PCは熱が問題になりがち。このクーラースタンドは強力で、熱問題を解消してくれる。ただ、地震などでずり落ちる可能性があるので、注意が必要だよ。特に、外付けのSSDなどを差している場合は、慎重に取り扱った方が良いね。」

リイザ「kojiromさんがおっしゃる通り、PCを保護するためには、クーラースタンドの安定性にも注意を払う必要があります。agreen LZ20DC-GMは、その強力な冷却機能で、PCの寿命を延ばす助けとなるでしょう。」

kojirom「これで、画像生成に役立つおすすめ製品を紹介しました。これからもイラスト紹介と共に、役立つ情報を提供していく予定です。今後ともご支援よろしくお願いします。それでは、また!」

An engaging and dynamic digital artwork representing the concept of AI image generation
Illustrated by DALLE 3

FANZA広告

1冊100ページ以上のボリュームで110円!(画像をクリックするとFANZAのサイトにジャンプします)
















目次