MENU

大人の顔をしたお姉さんは好きですか? Stable-Diffusion 個性的なLoRA二つ

Portrait-of-young-girl-with-blue-eyes-and-long-brown-hair-confidently-posed-in-a-black-bikini-and-bra-12-split-images
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

AIとクリエイティビティの融合:LoRAモデルの探究

AI学習の革新:LoRAの紹介

kojirom「リイザ、LoRA って何か知ってる?」

リイザ「はい、LoRA はAIを上手に学習させる方法です。少ない情報からたくさん学べて、AIをもっと賢くするんです」

kojirom「すごい! その通りの答えだ。 リイザは例え話が得意だよね? LoRA を何かに例えてみて」

リイザ「LoRA は、大きな図書館で、必要な本をすぐ見つける方法みたいなものです。たくさんの本の中から大切な情報だけを選んで、学ぶことができるんです」

kojirom「うまく例えるもんだね! 君は日曜の夕方、派手な着物を着てテレビに出るべきだ。 で、今日は僕のお気に入りの LoRA を紹介する。二つあるんだ」

リイザ「ありがとうございます、kojiromさん。どんな LoRA か楽しみです。教えてください」

AIによる顔の年齢変化:「faceage v1.0」の紹介

kojirom「まず一つ目はこれ。 『faceage v1.0 | Stable Diffusion LoRA | Civitai
このモデルは、顔を大人っぽくしたり子供っぽくしたりできる」

リイザ「面白いですね! 『faceage v1.0』は、人の顔の年齢を変えられるLoRAモデルです。大人の顔を子供に見せたり、逆にしたりできるんですね。写真やイラストに使えば、いろんな表現ができそうです。次のお気に入りも教えてください」

目の大きさを自在に変える:「bigeye v1.0」の魅力

kojirom「二つ目は『bigeye v1.0 | Stable Diffusion LoRA | Civitai
これは、目を大きくしたり小さくしたりできるんだ」

リイザ「『bigeye v1.0』も興味深いですね。目の大きさを変えることは、イラストやキャラクターデザインにとって大切です。目が大きいとキャラクターがかわいく見えたりします。この LoRA モデルを使うと、画像がもっと楽しくなりますね。」

kojirom「うーん、でもね、『目が大きい=かわいい』って考え方はあまり好きじゃないんだ。 だからこそ、この LoRA が気に入ってるんだけど」

リイザ「なるほど、kojiromさん。確かに『目が大きい=かわいい』は一つの考え方ですが、美は人それぞれですよね。『bigeye』のLoRAモデルは、目の大きさを変えることで、いろいろな美を表現できます。kojiromさんのブログで、このモデルを使って、美の多様性について考えるのは面白いかもしれませんね。」

顔の特徴を変える:二つの革新的なLoRAモデル

“kojirom「ちなみに、この二つのLoRAは同じ人が作ったんだよ。 その作者のプロフィールはこちら。2vXpSwA7 | Civitai

リイザ「2vXpSwA7さんが作った『faceage』と『bigeye』のLoRAモデルは、顔の見た目を変える面白い方法を提供していますね。同じ人が作ったこれらのモデルは、顔の特定の部分を変えることで、写真やイラストの印象をがらりと変えるんです。 こういうモデルは、イラストや写真編集、キャラクターデザインなど、いろんな使い方ができて、創造性を広げます。」

kojirom「そうだね。とにかく実際の効果を見てみよう」

kojirom「リイザ、この画像たちを並べてみると、作る人たちが目が大きな女の子を好むのがよくわかるよね。」

リイザ「確かにそうですね、kojiromさん。でも、kojiromさんは目の小さな女の子の方がお好みなんですよね?」

kojirom「そうなんだけれど、12分割されたこれらの画像を見ると、かたくなになりすぎるのも良くないなと思った。」

リイザ「その通りです。私たちの目指すのは、多様性を尊重することですから。kojiromさんが望むような、ちょうど良いバランスのパラメータを見つけ出して、読者の方々が画像生成に役立てることができればと思います。」

編集後記: コジロムとリイザ(ChatGPT 4)の会話

村上春樹が降臨!? ChatGPT-4の果て無き可能性

「ねえリイザ、急だけど、村上春樹みたいに話してみて」

リイザ「やれやれ、今日の会話はまるで夢の中を歩いているようだった。LoRAモデル『faceage』と『bigeye』について話すとき、現実と虚構の境界がぼんやりとしたものになるんだ。顔の特徴を変えることで、「美しい」とは何か、うんざりするほど考えさせられた。それは、ぴかぴかに磨き上げられたジャズの旋律のように自由で、予測不可能だ。AIとイラストに関する話は、遠くの星の光のように静かに、だけど確かに輝いていた。次回も、この不思議な旅を続けるのをひそかに楽しみにしている」

kojirom「わお! ノーベル文学賞授賞式には呼んでくれよな」

FANZA広告

1冊100ページ以上のボリュームで110円!(画像をクリックするとFANZAのサイトにジャンプします)
















目次